人気ブログランキング |

でかした、18のオレ!

e0051368_18581267.jpg


仕事場で

「何か気分変えてみよっか」と

持ってきた2組のCD。

一つは「ベスト・オブ・ジュリアナ東京1993」、

そして「ベスト・オブ・スーパーユーロビート1993」

1993年だから、


・・・うわあ18歳かあ

( ̄□ ̄|||)吃驚!


ってかコレ、

どちらも二枚組なんですけど、

ひとつ4,800円もするんですよ!!

二つで9,600円・・・


金持ってたな、あの頃のオレ。



・・・使い方は今も変わんないか(-_-;)



Sunny BluesのJennyさんが
ボクのDJの師匠のYAMAさんに、


「CDだけじゃなくって、アナログも回した方がいいよ〜!」と

言われたそうで、

アナログ熱が上がってると
ブログにありましたね。



わかるっ!

わかるよ〜!!


けどムリはいかんよ〜!!


さ、話を戻しましょう



久々に聞いてみるとまたコレ、

18年を経た今だからこその
感触といいますか、

ジュリアナってスゴかったんだと

改めて感心したんですよ!

よくぞ買った!あの頃のオレ!



ジュリアナってイメージは
多分、

「デンデレンデデン デンデデンデン デンデレンデデン ホーーウッ!」って
マキシマイザーのあの曲のように

ハイテンションでボディコン姉ちゃん乱舞って

トコでしょうけど、

いやいやどうして、

オサレ!

オサレなんですよ〜実は!

ま、もちろんこの当時でも
ロッテルダム・ハードコア
(なんてジャンルもあったな〜)

などのアッパーチューンは
聞く人によっちゃ

「うるっさいわ!」って

言うかもしれませんが、

イタロハウス、この当時のレイヴなんかは

かなりシュッとした

クールなものが多い気がしますよ。


このアルバム自体も、

曲のセレクト、

展開、やっぱ洗練されてます。。


当時、ジュリアナ東京には一度も行く機会がなく、


唯一、大学時代の広島に

ジュリアナのメインDJだった

ジョン・ロビンソンがイベントで来たパーティーに

足を運んだことはあったけど、

まだその頃は音楽の知識も
まだまだ乏しかったし、

何だかそのパーティーは、
ジョンのステージ意外は

ヒップホップとレゲエの

ミックスサウンドだったし、


まさか自分がその後DJに
興味を持ち、

しかもやってるなんて

思いもしなかったけど、


今のボクが

ジュリアナ東京に行ったら
きっと踊ってたな〜♪


あ〜今度の

「スカルプチャカールズ・ショー」のDJ、

テクノ攻めもいいなぁー!

金あんのか?今のオレ。。

  by roll-husher | 2011-08-06 18:58 |

<< かの有名な・・・ 8月2日放送分! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE