人気ブログランキング |

『ロルキス』第四話。

~前回までのあらすじ~
とにかく、“1日目”と“2日目”のイベントの差が激しすぎるってことだ。


(゚o゚;内容は!?
各自読めってか!

残るは放課後。
しかし正直ボクは疲れていた・・。
今まで全く女子と接点を持たずに高校生活の半分を過ごしてきたヤツがだ、こんな1日で一気に、しかもかなりのアクティブさで行動したのだから。
普段のボクなら今日の出来事をオカズにソッコー帰宅し、仕上げに一発ヌk・・
(゚Д゚)健全なゲームですから!


放課後@花壇

誰もいない花壇、
しかし内心ホッとしていた。
これで計画通りに真っ直ぐ帰って一発ヌk
(`Д´)ダメっつってんだろ!

そんな時だ、
夕暮れ空をゆっくりと滑空する“何か”がボクの視界を掠めた。。

ふたつ・・みっつ・・

近寄って手にしてみるとそれは、
小テストで作られた紙ヒコーキだった。

0点!?・・無回答なのか・・。

校舎を見上げると、どうやらその紙ヒコーキは屋上から飛び立ってるようだ。


(´д`)帰るなんて選択肢は・・ないな。

ボクは屋上に向かい、紙ヒコーキの犯人を探した。

「どうしたの?」

声がした方向、振り向いて見上げると


e0051368_1691695.jpg


惜しい!!

(゚o゚;パンチラ狙い!?

危ないって!

給水塔の姫はささやく、
「死んじゃうってこと?」

そうだよ!

「大したことないわ、人口がひとり減るだけ。」


今から一緒に増やすか!?

(゚Д゚)そんな選択肢ないわ!

降りてこいって!

静かに給水塔から降りてきたその子はボクの前に立った。

死んだら、悲しむ人がいるだろ?

「そうね。」

素っ気な!


e0051368_1695024.jpg


名乗ったその子は二見瑛理子
ウワサではIQ100以上の秀才、
しかし一風変わってるとも聞いた。


e0051368_16103334.jpg


どうしてあんなことしたんだよ?

二見「テストのこと?・・フフッ、ワタシがテストで白紙なのを見て、先生たちがどんな反応をするかを見てみたかったのよ」

思わず言ってしまった、
悪趣味だな。

二見「ふうん。そんな反応するんだ・・さよなら、ロール。」

佇まいと同じように、
その子は静かに階段を降り、
ボクの視界から消えていった。。

やりきれなさが残るのも確かだ。
しかし別れ際、
「さよなら、ロール。」と
呼び捨てで呼ばれたからか、
その夜、二見の事が頭から離れなかった・・

第四話ー了。

  by roll-husher | 2012-08-15 15:51 | ネタ

<< あらま気づけば10日前! 夏の元気な“どや顔” >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE