人気ブログランキング |

2013年 02月 25日 ( 1 )

 

え?・・てことはだよ?

過去の記憶をふと思い出すコトってありますでしょ?先週の始めだったですか、ふと幼い頃の記憶で思い出した事があったからカミさんに話したんですよ。
どんな内容かっていうと、
『風邪かなんかで連れて行かれた病院で、何だかその日はざわざわしてて、“なんやろか~?”って診察室をこっそり覗いたら、農薬飲んで自殺を図ったおじいちゃんを懸命に処置しとったんやけどアレ、多分絶望的だったし、家族も堪らんかったなろなぁ。。』
というような。

まぁ何故今さらそんな事を思い出したのかは全くもって不明だったんです。んで、水曜日。
お袋の誕生日祝いを兼ねて晩飯を一緒に食べようってなりまして、ワイワイやってました。

んでまぁ、こないだ思い出した事を思い出したからですね、お袋に聞いてみるワケですよ。

『あ、そうそう!あのさ、オレ幼い頃よく熱出したじゃん。でさ、よく行ってたM病院。そう、あそこの。あれ・・何歳の時かは忘れたんやけどさ、診察前になんかザワついててさ、オレお袋にバレんように診察室こっそり覗いたんよね。ほしたら、じいちゃんが農薬飲んで自殺したっつって家族の人たちも・・ってどしたん?

お袋の顔色が激変しとるんです。

「アンタ見れるワケないやん!だってあん時アンタ確か42度の熱でひきつけ起こして死ぬかもしれんって時やったんよ!えっ・・じゃ何!?

『いや“じゃ何!?”はオレのセリフよね!ちょっ待っ・・てことは何かい?

生き霊ムービング?

「いや怖っ!!」

『記憶違い・・だな。きっと!!』

するとカミさんが
「でも軽くウロチョロしよったんやない?別でもあったって言いよったやん、お父さんが」

あ。

これは親父から聞いたハナシ。
ボクが小学生の時、やっぱり酷い熱で寝込んでて、その日は飯塚のとあるお寺にお参りに行く日だったそうでボクはかなり残念がってたらしいんです。ま、寒い日でしたし結構雪も積もってたような覚えがあるんですが、ボクは親父たちを見送ってお留守番だったんですね。
小一時間かけてそのお寺に着いた親父たち。出迎えた住職さんは開口一番こう言ったそうです。

「ま~こげん雪ん中ご苦労さんでしたね。あんね、ホラ、お宅の坊ちゃん。今さっきアタシんトコ来なさって“おいちゃんボク今日お留守番やけ、行かれん”っちわざわざ言うて来ましたばい

律儀な坊ちゃんだこと。

幼い日のボクへ。
その能力を今転送してくれ!

  by roll-husher | 2013-02-25 19:27 | 日常

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE